生贄投票のネタバレ!無料で読むならココがオススメ!?

当サイトでは、今、話題の漫画「生贄投票」に関するネタバレを書いていきます!

当サイトのネタバレを読む前に、下記のサイトで試し読みをする事が出来ますので、読んでみるもの一つの手だと思いますよ^ ^

→無料で試し読みする

生贄投票って何?

ネタバレの前に『生贄投票』の著作者についてご紹介を!
著作者は原作が葛西竜哉さん、作画は江戸川エドガワさんが担当されています。

原作の葛西さんは、岡山県玉野市在住の小説家のようです。

主に活動はモバゲーやエブリスタ、モバスペBookでのライティング活動で、書かれている種類はバラエティに富んでいます!

恋愛、青春系からミステリーにホラーまで…。

自分としては『生贄投票』はすこしホラーのように思えましたが(笑)

霊とかおばけのような怖さではなく、人間の怖さでしょうか。

『生贄投票』は種類問わず、さまざまな著書の制作の親の葛西さんだからこそ作り出せる絶巧な世界観のマンガなのかもしれません。

ツイッターを見てみると、モンストがお好きなのだとか(笑)

そして、作画の江戸川エドガワさんは兵庫県出身のマンガ家さん。

前は『デスペナ』というギャンブルマンガをヤングマガジンで連載していて、今は同様にヤングマガジンで連載中のこの『生贄投票』と、不定期連載で近代麻雀でも『ロスト』というマンガを描かれているそうです。

『生贄投票』を読んでみると解るんですが、マンガなのに絵がとっても写実的というか、すごく臨場感を感じる絵だと思いました。

ある一つのクラスが舞台になっているので登場人物もちょっと多いんですが、読んでいく中で「あれ?この人誰だっけ?」となることがあまりないです。

それ程書き分けがばっちりされているというか、キャラが濃い(笑)

でも女の子は可愛く、男の子はかっこよく描かれていますし(個性派キャラは除きますが…笑)、話が面白いのはもちろん、絵も見ていて迫力があったり、見ごたえがスゴイんですよ!!

『生贄投票』ネタバレ

さてさて、それでは『生贄投票』のネタバレにいきましょう。

『生贄投票』の舞台と主人公まず、舞台となっているのは、私立柳沢高校。

この高校の2年C組という、唯1つのクラスがこの物語の舞台です。

主人公はこのクラスの今治美奈都(いまばりみなと)。

美奈都は柳沢高校に転校してきた女の子なんですが、人柄が良く、優しくて友だち想いのかなり良い子なんですよ~。

美奈都目線で話がどんどん進んでいくので、読みやすいです!

転校生といっても、今ではクラスにもなじんでいて、クラスメイトとグループチャットを交わしたり、学校につけばみんなで談笑をしたりと楽しく過ごし、ごくごく平平凡凡な高校生活を送っています。

このマンガに出てくる生徒みんなに言えることなんですが、クラスに1人はいそうなタイプの子が多いんですよね。

なので、必要以上にリアルさを感じちゃいます。

『生贄投票』の始まりありきたりで穏やかな毎日を過ごしている美奈都ですが、それが瞬くまに崩れ去るでき事はある日急に訪れます。

いつものように学校から帰宅し、お風呂や晩ご飯を済ませて自室でスマホゲームをしていると、0時きっかりにスマホ画面に異常が。

何も操作をしていないにもかかわらず、画面が変わり、画面に表示されたのが『生贄投票』という文字。

ホームボタンをクリックしても画面は切り替わらず、再起動も効かない。

直後画面に現れたのは、2年C組のクラス名簿。

36人全員の名前がずらっと表示され、自分以外の誰を生贄にするか、投票する仕組になっています。

そして、投票数が多く、『生贄』に選ばれた人には『社会的死』が与えられるというもの。

生贄に選ばれても『懇願場』という救済策も設けられてはいますが、その救済策が容易にクリアできるように見えて、実のところそうではないものなんです。

この『生贄投票』、二階堂ありさの呪いという風に書表わされている場面があります。

二階堂ありさ=2年C組の元担任の先生で、体調不良で退職し、その後自殺したという何ともいわくのニオイが…

最初の『生贄投票』で選ばれた、クラスの女王的存在の入山環奈と二階堂ありさとの関係は?

『生贄』に選ばれた人に与えられる『社会的死』の意味とは?

そしてこの『生贄投票』を考え、始めた犯人は誰で、何の目的があるのか―…

『生贄投票』の“ここ”が面白い!

ともかくたくさんの疑問と伏線が張り巡らされているマンガですが、どの伏線も確実に回収してくれています!

只々犯人捜しをするための話ではなく、2年C組という、一見どこにでもあるごく普通のクラスが抱く過去の闇や、一人ひとりが胸の内に秘めている秘密が明らかになってしまい、クラスが、人が潰れていく様子が描かれていたりと、ブラックな内容となっています。

クラスのみんながお互いの顔を窺ったり、腹の探り合いをしたり、または疑いあったりと、ともかく人の嫌なところや見たくないところが見え隠れする、読んだ後にはその辺の人を何となく疑いたくなる作品です(笑)

そんな中だからこそ、美奈都の芯の強さや願いを捨てない姿勢というのがより際立って見えるんですけど^^

『生贄投票』は現在も連載中で、今のところ5巻まで発売されていますが、ファーストシーズンは完結済みで、現在セカンドシーズンが繰り広げられています。

6巻以降もどうなるのか目が離せませんが、まずはファーストシーズンを読んで犯人が誰で、何故『生贄投票』を始めたのかを理解しておきたいですよね!

『生贄投票』を読むなら、『まんが王国』という電子コミックの専門サイトがおススメです。

会員登録は無料で行うことができ、無料で読むことができる漫画も豊富ですよ^^

電子書籍なので、本を持ち歩く必要もなくて手軽ですし、どんな本を読んでいるか他の人にバレづらいのも良いですよね(笑)

会員登録も簡単なので、暇つぶしに読む漫画探しにも♪

まんが王国の会員登録はこちらからできます^^